ゾンビーウォークが始まったのは、2003年のハロウィーンイブの一周間前、ある陰鬱な日曜日のことでした。数体の死体が墓から蘇り、脳みそを求めてトロントの街を歩きだしたのです。

この不吉な現象は毎年起こり、ゾンビーの数も死んでいない人間を巻き込むほどに増えていきました。この現象はトロントだけでなく、ニューヨーク、バンクーバー、オタワ、メルボルン、そして世界中の都市へと広がっていったのです。2006年にトロント・ゾンビーウォークはトロント・アフターダーク映画祭と合体し、これでゾンビー達はひとしきり人間の肉を食べた後、楽しい夕べを過ごすことができるようになりました。2012年には10周年を記念して1万人以上が参加しました!

トロント・ゾンビーウォークは福祉団体ハートアンドストローク・ファウンデーションを支援しています。「 CPR™(心肺蘇生法)で命が助かる」というキャンペーンを通じ、手だけを使う簡単な3種類の動作を使った CPR™ を学ぶことの重要さを人々に伝え、多くの命を救う協力をしています。”