観光トロントの公式ウェブサイト

トロントへの行き方

トロントへの行き方

世界で最もアクセスしやすい都市の一つであるトロントへの行き方は簡単です。トロントへの電車やバスを利用して、今いる場所から2時間以内でこのクリエーティブな都市に来てしまえるかもしれません。 もしそのような場所にいても、トロントへの旅は十分価値があります!

Par avion

空路で。

トロントには主要空港が2カ所あります。トロントのすぐ西側にあるトロント・ピアソン国際空港(コードYYZ)は、ほとんどの国内線と国際線の便が到着する空港です。トロントのダウンタウンまでは27キロメートルの距離で、車で約30分です。エアカナダのハブ空港でもあります。トロント島にあるビリー・ビショップ・トロントシティ空港(コードYZT)は、国内線、チャーター便、米国のフライトの一部が使っています。ポーターエアライン(カナダと米国の各地域へのコネクション便)とエアカナダ(モントリオールとトロントのコネクション便)もここから出ています。この空港もトロントのダウンタウンの近くにある船着き場からフェリーですぐの距離にあり、ユニオンステーションからもタクシーかストリートカーで数分です。

En autobus

バスで。

トロントの長距離バスの発着所はダウンタウンの610ベイストリートにあります。詳しい情報はorontocoachterminal.comをご覧下さい。グレータートロント地域周辺の他の町へ行きたい場合は、140ベイストリート(ユニオンステーションからすぐ東のフロントストリート)からGOバスにお乗りください。詳しい情報は nsit.comをご覧下さい。

Par train

電車で。

すべての電車がユニオンステーション (65 フロントストリート・ウェスト) から発着しています。VIA鉄道がほとんどのカナダの都市間をつなぎ、またアムトラック(Amtrak)でアメリカともつながっています。

En voiture

陸路で。

高速道路2、401、407とクイーンエリザベス・ウェイを含むいくつものハイウェイは、周辺都市とトロントをつなぎます。最寄りのカナダと米国の国境検問所は、ナイアガラの滝、フォートエリーとウィンザーにあります。

par TTC

TTCで– トロントの公共交通機関。

北米で最高の交通システムのひとつと言われるトロント・トランジット・コミッション(TTC)でトロントを探索してみませんか。地下鉄、バス、ストリートカー、どれも乗り方は簡単。これを使えば市内観光も楽にできてしまいます。TTCは片道単一料金で、1枚のチケットでどこへでも行くことができます。地下鉄、ストリートカー、バスを自由に乗り換えられますが、料金を払うときに乗り換えチケットを買うのをお忘れなく。バスとストリートカーではお釣りが出ませんので、丁度の金額をご用意ください。

En taxi

タクシーで。(By Taxi)

トロントにはタクシーの会社がたくさんあります。料金は適正に定められていて、交渉することはできません。きちんとしたサービスには通常10-15%のチップを払います。ダウンタウンでは、数分でタクシーを拾うことができます。もし電話をかける場合は覚えやすい416-TAXICABをダイヤルしてください。これですべてのタクシー会社と空港リムジンにつながります。

À vélo

自転車で。

BIXIでトロントを観光しませんか。これはトロントの公共貸し自転車システムです。料金は1日5ドルから。ダウンタウンの中心に80カ所のステーションがあり、毎日、24時間いつでも借りる事ができます。http://ridethecity.com/Torontoをご覧になってルートを確認してください。またはお店で自転車を借りることもできます。トロントには自転車を借りられる場所がたくさんあり、100軒近い自転車屋さんでも借りることができます。気軽に町の貸し自転車屋さんに立ち寄ってみてください。トロント島では自転車のほか、タンデム、4人乗りなども借りられます。トロント・サイクリングマップには街中のサイクルルートが記されています。これさえあれば、サイクリングも安心して楽しめます。

À pied

徒歩で。

トロントは幾つもの地区に別れている街です。そういった地域を歩いて散策するのは、トロントの観光にはうってつけの方法です。ちょっと寒い季節に、トロントの人達が行くのはザ・パースです。ダウンタウンの中心にある地下街ザ・パースは28キロメートルの迷路のように張り巡らされた道で、5つの地下鉄の駅と主要ホテル6軒とトロントの主要観光アトラクションのいくつかをつないでいます。ショッピング、各種サービス、エンターテインメントももちろん楽しめます。詳しい情報及びパースマップはこちらをどうぞ。