トロント 生活&トロント世界ランキング

様々な国政的なランキングやレポートが伝えているように、トロントは世界で最も住みやすい都市のひとつで、トロントでの生活は他の都市に全く劣りません。世界の舞台でそのポジションを確保することに加えトロントのランキングは、この都市に生活し働くことを選択した280万人の人々に高い生活水準を提供し続けていることを証明しています。2013年と2014年のトロント世界ランキングについての情報をさらにご覧下さい。

(情報源: City of Toronto, Toronto Progress Portal: www1.toronto.ca:www1.toronto.ca

 

2014年トロント世界ランキング

2014年、トロントは「 Scorecard for Prosperity」Scorecard for Prosperity)レポートで3位にランクされました。このレポート(英語のみ)は、就労者にとっての魅力と経済的な成果を、世界24都市で比較したものです。トロント地域は全体で3位(比較は下をご覧ください)にランクされ、2013年の6位から上昇しています。就労者にとっての魅力では、トロント地域はトップになっています。
国際都市としてのトロント: Scorecard for Prosperity - 2014

  1. パリ
  2. カルガリー
  3. トロント
  4. オスロ
  5. ロンドン
  6. ストックホルム
  7. シアトル
  8. シドニー
  9. サンフランシスコ
  10. ボストン

2013年トロント世界ランキング

トロントはビジネス投資には北米で最高の都市のひとつに選ばれるfDi Magazine (2013年4月/5月)Financial Times Ltd.から出版。これによるとトロントは「全体的な将来を見込まれる北米都市2013/2014」というカテゴリーで、ニューヨーク次いで2位に選ばれています。「ビジネスのしやすい北米主要都市」でもトロントはニューヨークに次いで2位になっています。このランキングは5つのカテゴリーについて、422都市から得たデータに基づいています。カテゴリーは以下の通りです。:経済的な可能性、人材、コストパフォーマンス、社会基盤、ビジネスのやりやすさ。

 

トロントは世界で4番目に住みやすい都市 – この結果はEconomist Intelligence Unitの行った最も最近の「住みやすさ調査」によるものです。世界140都市について、たとえば市民のための健康対策や戦争への脅威など、30項目に関して0から100までに分けて点がつけられています。この30項目の数値が組み合わされて5つの分野のスコアを割り出します。5つの分野は以下の通りです。:安定性、社会基盤、教育、健康対策、文化及び環境。

詳しい情報はここをクリックしてください (英語のみ)

 

トロントは「世界で7番目に頭脳優秀な都市」 -
優秀な高校卒業者人口、新しいアイデアのビジネスを育てる基盤、社会のあらゆる人々に教育を提供するためのテクノロジーを使ったプログラムなどが、世界で7番目になっている理由の例です。

詳しい情報はここをクリックしてください(英語のみ)

 

カナダの銀行は世界でも強力な位置にあります。カナダの銀行のうち4行までがトロントに本店を置いています。そのすべてがトップ10ランキングに入っています。
以下の銀行がトロントに本店を置く4大銀行です。

  • カナディアン・インペリアルバンク・オブ・コマース (ランキング3位)li>
  • ロイヤルバンク・オブ・カナダ(ランキング4位)li>
  • バンク・オブ・ノバスコシア(ランキング7位)li>
  • トロント-ドミニオンバンク(ランキング8位)

これは以下のような条件をもとに決定されています。

  1. 銀行のティアワン・キャピタルとリスクアセットとの比率
  2. 不稼働資産と総資産の比率
  3. 貯蓄と貸し付けの比率
  4. コストと収入の効率性

詳しい情報はここをクリックしてください。(英語のみ)

 

トロントは世界25都市の中で最も若々しい都市(ナンバー1)に選ばれました。- 世界25都市を若者の観点から分析しました。15才から29才までの人達が、都会で生活し、働き、遊ぶのに、どの都市が一番魅力的か探るのが目的です。トロントは例えば、多様性、デジタル機器の使用、青少年の雇用、食べ物、ナイトライフ、音楽、映画、ファッション、アート、公園、スポーツ、ゲームなどのカテゴリーにおいて高くランキングづけされています。

詳しい情報はここをクリックしてください(英語のみ)