ナイアガラの滝、3つの楽しみ方

Niagara01

東部カナダの観光名所として人生で一度は目にしたい、大迫力のナイアガラの滝は、トロントから日帰り圏内。お天気が良くなる5月以降から紅葉の時期まで、多くの観光客が現地を訪れます。

今回は、そんなナイアガラの滝をトロントから観光に行く場合、定番の3つの楽しみ方をご紹介いたします。

まずは行き方から

日本からエアカナダなどでトロント国際空港に到着し、まずはナイアガラを見たい。その場合はスーツケースなど荷物が多いと思いますので、ピアソン国際空港から出発する「ナイアガラ・エアバス社」のシャトル・サービスを利用するのが便利です。空港からナイアガラへのアクセスは、事実上この1社のみとなります。すでにダウンタウンのホテルに滞在している場合、エアバス社のピックアップ・サービスも利用できます。

ナイアガラ・エアバス社(日本語):https://www.niagaraairbus.com/Default.aspx?locale=jo

荷物が少ない、あるいは手ぶらである、できるだけ費用は抑えたい、そんな場合には、ベイ/ダンダス・ストリート交差点そばのバスターミナルからグレイハウンド社のバス(往復で約40ドル)を利用するという方法があります。

グレイハウンド社(英語):https://www.greyhound.ca/

鉄道でナイアガラに行ってみたい、という方の場合は、ユニオン駅からVIA鉄道で約2時間(往復で約50ドル)。ウエブサイトで予約する場合は、「GO」というグリーンのロゴのローカル近郊鉄道を乗り継いでナイアガラへと行くルートも表示されるので、注意が必要です。

VIA鉄道(英語):http://www.viarail.ca/en/explore-our-destinations/trains/ontario-and-quebec/toronto-niagara-falls

国際免許証をお持ちの方は、レンタカーを借りても良いでしょう。お友達数人で乗り合わせて行く場合にはお得ですし、さらに現地での自由度が高くなります。

まずは伝統の「テーブルロック」で滝を鑑賞してみましょう

ナイアガラの滝ですが、実際には3つの滝に分かれています。一番有名なのが「ホース・シュー滝(Horseshoe Falls)」という名前の一番奥にある大きな滝。形が馬のひづめ(足の裏ですね)につける馬てい形になっていることから、こんな名前が付いています。あるいは「カナダ滝」とも呼ばれています。

Niagara09

実はナイアガラの滝はアメリカ合衆国との国境沿いにあり、レインボーブリッジなど何本かの橋でつながっている国境の滝。「カナダ滝」と呼ぶ理由は、この滝の面積の2/3がカナダ側にあるため。残りの2つは、ナイアガラ川を隔てた反対側、アメリカ合衆国側の「アメリカ滝」「ブライダル・ベール滝」です。

カナダ滝の鑑賞ポイントは2つ

一つは、「テーブルロック」と呼ばれるカナダ滝にあるテラスのように張り出した場所から滝が流れ落ちる様子を目前に見る観光。ホテル群のある、ナイアガラ川の下流にあるクリフトン・ヒル付近から徒歩で約10分。カナダ滝の目の前の建物(ビジターセンター)が目印で、滝側にはカナダ滝を目の前に見ることができるスペースがあります。ここは、無料です。

Niagara06

クリフトン・ヒルから徒歩で行くと、途中アメリカ側にある残りの2つ「アメリカ滝」「ブライダル・ベール滝」を眺めを見ながら、終点のカナダ滝まで徒歩で川沿いを近づいて行く形になります。

トロントからお弁当でも持ってナイアガラまで行き、カナダ滝そばの芝生にシートを敷いてのんびり過ごせば、交通費だけで世界に名だたるナイアガラの滝を楽しめてしまいます。

Niagara08

この「テーブルロック」にある建物からエレベーターで地下へ降り、カナダ滝を真下から見上げるというアトラクションもあります(有料)。なお夏季シーズンには行列で待ち時間も長くなる傾向にありますから、早めの行動が良いでしょう。

詳細はナイアガラ・パークスのウエブサイトを参照してください。
http://www.niagaraparks.com/niagara-falls-attractions/journey-behind-the-falls.html

テーブルロックとカナダ滝の位置は、下記マップを参照してください。

次はクルーズ船に乗ってみましょう

昨年より「霧の乙女号」の運行が「ホーンブロワー・ナイアガラクルーズ社」に変わり、近代的な新造船でのクルーズが始まりました。今年は2年目となります。すでに今シーズンの営業は始まっています(5月15日現在)。

Niagara10

クルーズのタイプは大きく2つに分かれていて、どちらも先ほどのクリフトン・ヒルを降りたナイアガラ川の発着場から出発しています。
乗り方参考ブログ:https://seetorontonow.jp/?p=1811

(1)Voyage To The Falls

クルーズ船発着場から15分おきに出発する「Voyage To The Falls」。先ほどのアメリカ滝、ブライダル・ベール滝そしてカナダ滝を約30分間かけてゆっくりと周ります。時間が決まっている場合は、あらかじめチケットをオンラインで買っておくと良いでしょう。

Niagara03

なお、「The Falls Total Tour」とあるのは、オーディオガイド付きとなります(日本語あり)。

料金:大人:$19.95 子供(5歳〜12歳):$12.25

(2)Falls Illumination / Falls Fireworks Cruises

Niagara02

夕暮れ時から始まるナイアガラの滝のイルミネーションを楽しむツアー。特に花火が上がる金曜・日曜に加え、カナダの祝日(5月18日、25日、7月1日、4日、8月3日、9月7日、10月12日)には、花火鑑賞クルーズが行われます。このクルーズは夜9時45分発の1便のみになります。

料金:大人:$35.00 子供(5歳〜12歳):$31.50

運行時間の詳細などについては、下記ウエブサイトをご確認ください。
公式ウエブサイト:http://www.niagaracruises.com

発着場の位置は、下記マップを参照してください。

ヘリコプターからだと、「これぞカナダ!」な風景に出会えます

最後のご紹介は、「Niagara Helicopters社」のヘリ・ツアー。ナイアガラの滝は、テーブルロックから目前に見るだけでも一生の思い出になる大迫力ですが、上空から見る大自然カナダの風景は、また格別なもの。

Niagara04

午前9時から日没まで、お天気の良い日にはまさに絶景が楽しめます。基本的にはウォークイン(現地でチケットを購入)となり、天候などによっては飛ばないこともありますので注意が必要です。予約はウエブサイトからもできます。

大人:$140.00 子供:$ 87.00 カップル料金:$ 272.00

ナイアガラ・ヘリコプターズ社のヘリポートの位置は、下記マップを参照してください。タクシーで行くか、徒歩の場合はレインボーブリッジ付近からだと約20分。ナイアガラ川沿いのパークウエイを歩くと、左手に見えてきます。

http://www.niagarahelicopters.com