夏の期間、ナイアガラへはVIA鉄道に加えてGO直通列車も

Niagara_GOTrain

夏の観光シーズン。トロントからナイアガラ観光は外せませんよね。アクセスの方法はいろいろありますが、トロントのホテルに荷物を置いておき、日帰り気分で訪れるなら列車という手も。今回は、GO と VIA鉄道をご紹介します。


まずは定番VIA鉄道

Niagara_VIASche

ナイアガラ行き直通列車は毎日運行ですが、上りと下りは1日1本限り。ニューヨーク行き(アムトラック乗り入れ)のメープルリーフ号となります。

トロント発:
 午前8時20分発(午前10時16分着)

ナイアガラ発:
 午後5時45分発(午後7時41分着)

これを組み合わせることで、日帰り利用ができます。

現地の滞在時間は計算上7時間ほど。ホーンブロワー遊覧船に乗り、テーブルロックまで歩いてお昼ご飯とナイアガラの滝観光を済ませて、残り時間はクリフトン・ヒルで遊ぶのに充分でしょう。
http://www.viarail.ca/


GO トランジットの5カ月期間限定列車

通常はバーリントン駅でバスへと乗り継ぎとなるナイアガラ行きGO。ビクトリアデー週末から収穫感謝祭のロングウィークエンドまで期間限定、週末限定(金・土・日)で、ユニオン駅を出発する列車はそのままVIA鉄道の路線に入り、ナイアガラ駅まで直通運行を行っています。便利な上、往復で37ドル50はVIA鉄道の49ドル72よりも10ドル以上安く済むのも嬉しいですね。

Niagara_GOSchedu

GO は週末のみですが3便(土・日)出ていますので、スケジュールに合わせて選べる利点があります。参考までに2016年8月現在でのスケジュールをまとめておきます。

トロント発:
 午前9時発(午前11時4分着)
 午後4時18分発(午後6時22分着)
 午後8時10分発(午後10時14分着)
 
ナイアガラ発:
 午前8時半発(午前10時34分着)
 午前11時30分発(午後1時34分着)
 午後7時20分発(午後9時24分着)

トロントを朝9時に出て、帰りを午後7時20分発にするとVIAよりも長くナイアガラで遊べることになります。

スケジュールは変動する場合がありますので、事前に公式ウエブサイトでの確認をおすすめします。確認方法は、ページにアクセスしたら週末の日付を入れ、列車のマークのプルダウンメニューをクリックして「Niagara Falls/Toronto Bus with Seasonal Rail Service」を選びます。

Niagara_GOTrainA

そうするとこのような画面になりますので、黄色のボタンの真ん中「TRAIN ONLY」をクリックすると画面は列車のみの表示になります。

NiagaraGOTrainB

列車が沢山あるように見えますが、直通列車はごくわずか。探し方は、画面をスクロールさせて行くとバーリントンの先までグリーンの時刻表が続いている列車があります。

NiagaraGOTrainC

これがナイアガラ行きです。これ以外の列車はすべてバーリントンで降ろされ、GOバス乗り換えになりますから、列車での快適な旅のためには必ず直通列車を選んでください。なおチケットは直通列車とバス乗り換え共通になっています。

GOトランジット公式ウエブサイトのスケジュール検索:
http://www.gotransit.com/timetables/en/schedules/full_schedules.aspx

次回は VIA鉄道を使ってナイアガラに向かってみます。