自分スタイルで楽しむフェスティバル

お気に入りの音楽シーンを、週末をかけて楽しもう。でも、音楽フェスと旅行の日程が合わなかったら?大丈夫。自分スタイルで楽しむフェスティバルを作ろう。

JAZZ

George Benson (Photo: Brent Lewin)

アニュアル・フェスティバル:
TDトロントジャズフェスティバル、ビーチズ国際ジャズフェスティバル

約30年の歴史があるTDトロントジャズフェスティバルはトロントのフェスティバルシーンの代表的イベント。ジャズの大御所、マイルス・デイビス、ウィントン・マルサリス、ダイアナ・クラールも、このイベント中に新規改装したコンサートホールや街中の会場でヘッドライナーを努めた。ビーチズ国際ジャズフェスティバルは多様なジャズ、ブルース、アフリカン、カリビアン、R&Bのパフォーマンスに加え、ビジュアルアート、ユースプログラム、街頭フェスティバルやチャリティマラソンも同時に展開している。

自分で作るジャズフェスティバル

街中のジャズラウンジでお気に入りのジャズを探索しよう。
  • The Rex Hotel レックスホテル
  • Jazz Bistro ジャズビストロ
  • Poetry Jazz Café ポエトリージャズカフェ
  • The Reservoir Lounge レゾバーラウンジ

ALT & ROOTS

Horseshoe Tavern (Photo: Jackman Chiu)

アニュアル・フェスティバル:
フィールド・トリップ、ベスティバル、ウェイホーム、キャンプ・ウェーブレンス

ロックシーンの最高のオルタナやルーツ、インディーアーティストが演奏するフィールド・トリップでは、これまでにAlabama Shakes, My Morning Jacket、 Arkellsなどが参加。フォート・ヨークの広場で開催されるこのフェスティバルはフードトラックやキッズキャンプもある。子供と一緒にアート活動をしたりキッズステージを鑑賞しよう。
トロントアイランドに行けば、ベスティバルでFlorence + the Machine, Nas や Wavvesのパフォーマンスが観れる。会場で建てられるバルーンの教会で「結婚」したばかりのカップルやコスプレしたファンに混じって、自由に楽しもう。
ウェイホームやキャンプウェーブレンスではボヘミアンな世界を楽しんで、オプションでそのままキャンプしてみよう。

Field Trip (Photo: Kayla Chobotiuk)

自分で作るALT & ROOTSフェスラインアップ

クイーンウェスト沿いは注目インディーズバンドを見つけるのに最適。気の向くままに探しに行こう:
  • The Cameron House ザキャメロンハウス
  • Horseshoe Tavern ホースシュー・タベルン
  • Drake Underground ドレーク・アンダーグラウンド
  • The Garrison ザギャリソン

ワールドビート

アニュアルフェスティバル:
サルサ・イン・トロント、スモールワールドミュージックフェスティバル

セントクレアー・ウエスト沿いにはトロントのラテンアメリカン系ビジネスやレストランが立ち並ぶ。ストリートまるごと使って開催されるサルサ・オン・セントクレアーで情熱を楽しもう。それぞれのステージではライブ音楽やダンスパーティーが楽しめる。キッズゾーンやフードトラック、露店、サルサのレッスンまで体験してみよう。

自分で作るワールドビートフェスラインアップ

サルサ、ラテン、ワールドビートを通して自分をリズムを探しに行こう:
  • Lula Lounge ルララウンジ
  • Small World Music Centre スモールワールドミュージックセンター
  • El Convento Rico エルコンベント・リコ
  • Harbourfront Centre (summers only) ハーバーフロントセンター(夏季限定)

カーニバル

アニュアルフェスティバル:
トロントカリビアンフェスティバル

3週間の間、カリビアンの音楽、フード、そして情熱が堪能できるこのカーニバルは見逃せないイベント。レゲエ、ソカ、スチールドラムやカリプソのパフォーマンス、カーニバルボール(コスチュームファッションショー)、カーニバルのキング・クイーンのコンテスト、そしてグランド・パレード。世界から、毎年100万人も訪れる一大カーニバル。

自分で作るカーニバルフェスラインアップ

“Caribana”は北米最大の青空フェスティバル。他では経験できないが、もしそれ以外の時期にカリビアン音楽を探すならココに行ってみよう:
  • Fiction フィクション
  • Reign Toronto レィン・トロント
  • Luxy Nightclub ルキシーナイトクラブ

INDIE

アニュアルフェスティバル:
ノース・バイ・ノースイースト、カナディアンミュージックウィーク、ライオット・フェス

インディーシーンを探求するなら、ノース・バイ・ノースイースト(NXNE)とカナディアンミュージックウィークに冒険に行こう。街中の25以上の会場で、何百ものアーティストが演奏している。どちらのフェスティバルも映像上映もしている。注目のインディーズバンドや中堅アーティストを漏らさず観れる。
ライオットフェスは複数日に渡ってパンク、オルタナ・ロック、メタル、ヒップホップを楽しめるカーニバル系イベントだ。

自分で作るインディーフェスラインアップ

大小の会場を巡って、好きな音楽だけを追っていこう:
  • The Silver Dollar Room シルバー・ダラー・ルーム
  • Lee’s Palace リーズパレス
  • Mod Club モッズクラブ

クラシカル

アニュアルフェスティバル:
トロントサマーミュージックフェスティバル、21C ミュージックフェスティバル

トロントサマーミュージックフェスティバルの中心にあるのはクラシカル音楽。ソロパフォーマーからオーケストラまで、街の至る所の会場で演奏している。フェスティバルは毎年テーマがあり、前年度はパンナム・ゲームズとパンアメリカン競技大会を記念して、Music of the New World (新しい世界の音楽)をテーマとした。トロント王立音楽院で開かれる21C ミュージックフェスティバルでは、クラシカルからジャズ、ポップにワールド・ミュージックに至るまで、独創的なアーティストたちによる最新の作曲が楽しめる。過去のゲストパフォーマーは、ピアニストであり地元で活躍するチリー・ゴンザレス、アフィアラ・カルテット、元ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドなどがいる。

自分で作るクラシックフェスラインアップ

  • Toronto Symphony Orchestra トロント・シンフォニー・オーケストラ
  • Canadian Opera Companyカナディアン・オペラ・カンパニー
  • Tafelmusik Baroque Orchestra and Chamber Choirターフェルムジーク・バロック・オーケストラ
  • Mississauga Symphony Orchestraミシサガ・シンフォニー・オーケストラ
  • Roy Thomson Hall ロイ・トムソン・ホール
  • Koerner Hall コールナー・ホール
  • Living Arts Centre リビング・アート・センター

EDM/DIGITAL

アニュアル・フェスティバル:
VELDミュージックフェスティバルドリームスフェスティバル

トロント発のDeadmau5を始め、カナダ内外から集まる国際アーティストが集うVELDは今年で5年目。エレクトロニクス好きなら必見。

自分で作るEDM/DIGITAL フェスラインアップ

EDMやダンスミュージック、DJを観るならココ:
  • Uniun Nightclubユニウンナイトクラブ
  • Fly 2.0 フライ2.0
  • Rebel レベル