トロントのバーで嗜むシードル

トロントの今の流行りの一つはクラフトシードル。市内で見かけるかわいいバーやカフェで頼んでみよう。

ホテルを検索
HER FATHER’S CIDER BAR + KITCHEN

HER FATHER’S CIDER BAR + KITCHEN

119 Harbord Street.

Her Father’s では市内最大のシードルのコレクションが自慢。ハイライトは周期的に一新される、9種類のオンタリオで作られるシードル。私達が最後に訪れたときには、ナイアガラのブルワリー、Shiny Apple CiderがリリースしているPinot Noir ciderと、カレドンのブルワリー、Spirit Tree CiderがリリースしているLavender Perryが含まれていた。

CIDER HOUSE

CIDER HOUSE

391 Roncesvalles Avenue.

Roncesvalles Villageの新しいシードルハウスでは世界から面白いシードルを集めている。ハイライトは、オンタリオ州ピクトンから取り寄せているClafeld Rose Hip wine ciderと合わせるバターチキンとナンの意外な美味しさ。

TEQUILA BOOKWORM

TEQUILA BOOKWORM

512 Queen Street West.

Tequila Bookwormは名前とは裏腹に、オンタリオのクラフトシードルの発展を応援し続けてきた。最新、そして最高のシードルを試すならココ。ハイライトはHinterland WineryからリリースされているWild Fermented Cider

THE ONLY CAFÉ

THE ONLY CAFÉ

972 Danforth Avenue.

Danforthにあるこのバーは以前はクラフトビールしか置かなかったが、少しずつクラフトシードルに置き換わっている。置いているタップの種類はウェブサイトから確認しよう。今なら近場のGrey Countyにあるブルワリー、Coffin Ridgeからリリースされている限定品Forbidden Black Currantが楽しめる。

BIRRERIA VOLO

BIRRERIA VOLO

612 College Street.

クラフトビールとシードルを扱うこの人気バーでは26種類ものタップが提供されている。West Avenueからリリースされているカスク(常温樽出し)や今夏の人気メニュー:Hamiltonで作られる、パイナップルとスパイスを使ったメキシコ風シードルRevel Tepache