セントパトリックデー2018 in トロント

世界中のカルチャーが集まるトロント。アイルランドで祝われる3月17日の「セントパトリックデー」、トロントでも盛大に祝われます。

トロントとアイルランドの関係は深く、19世紀の中頃にさかのぼります。当時ヨーロッパを襲ったジャガイモ疫病に端を発した飢饉に襲われたアイルランド人は、難を逃れるために北米大陸へ脱出したのですが、彼らの一部はトロントにもやってきました。いまも当時を覚える公園がオンタリオ湖畔の西側にあり、ここを訪れると当時の記憶を今にとどめる彫像などが配置されています。

現在もトロントのあるオンタリオ州に住むアイルランド移民は20万人を数える大きな割合を占めているため、国の代表的なお祭りがトロントでも盛大に行われるというわけです。

ハイライトは、ダウンタウンを練り歩くパレード。2018年の今年は11日(日)の正午スタート。

ルートは地下鉄セントジョージ駅付近の交差点を出発し、ブローアxヤングの交差点を南へ曲がり、クイーンの交差点を西へ進みます。全体で約1時間半。沿道には多くの人が集まります。
https://stpatrickstoronto.com

この期間、トロントのアイリッシュ・パブでは特別なイベントが行われ、多くの人で賑わいます。パレードは華やかですが、トロントに住むアイルランド移民の人々が集まるパブでは、一味違った雰囲気に包まれます。

代表的なパブとして訪れたいのは「Irish Embassy Pub and Grill」。地下鉄キング駅から徒歩2分、2ブロック南の角にあり、アクセスは抜群です。

ギネスを飲みながら、店内で行われるスペシャルなイベントを楽しんでください。
http://irishembassypub.com