ロジャースセンター球場周辺でレストランを探す

ロジャースセンターでの試合開始時間は、午後1時と午後4時(デーゲーム)、午後7時(ナイトゲーム)の3種類。

試合時間は平均3時間弱ですから、
 ディナー→デーゲーム(午後4時)終了後あるいはナイトゲーム直前
 ランチ→午後1時〜お昼頃、午後4時の前

こんな感じになるでしょうか。時間も限られているので、球場から近場のレストランを探すことになります。

エリアで探すなら、まずはユニオン駅から球場へ向かう Bremner Blvd 沿いから。

球場へのアクセスは最短で「SKYWALK」を使うと地下道で何もありませんから、ユニオン駅からエアカナダセンター方向に出て、地上を歩きます。それが Bremner Blvd です。このルートには地元でも人気がある各国料理のレストランをはじめ、カジュアルなファストフード店が並びます。

トロントのレストランと言えばイタリアン。中でも老舗の姉妹店 Aria(https://ariaristorante.ca/ 写真)は本格派で、Taverna Mercatto(http://taverna.mercatto.ca/)も落ち着いた雰囲気のお店です。カナディアン・ダイニングの e11even(http://e11even.ca/)はスポーツパブ系。カジュアルに手早く済ませるなら、セントローレンス・マーケットのシーフード人気店 Buster’s Sea Cove(http://busters-seacove.com/)、チェーン店ながら味が評判の Panago Pizza(https://www.panago.com/)あたりが選択肢として入りそうです。

最近トロントでは大人が遊べるビデオゲームが遊べる専門店(日本で言うゲームセンターと類似)が話題になっていますが、球場の正面には、The Rec Room(http://www.therecroom.com/)というエンタテイメントとレストランが合体した施設があります。ここもそんなトレンドに合わせて作られた場所で、夕方からは待ち時間が1時間以上となかなかの人気ぶりです。

レストランに入るには、入り口左手正面のカウンターにいる係員に声をかけると、席まで連れて行ってくれます。

カナディアン・ダイニングだと、だいたいこうしたバーガー類かパスタが一般的。午後1時過ぎからの2時間ほどが狙い目です。

球場の北側(Front St 沿い)の入り口からまっすぐ北に伸びる Blue Jays Way 沿いも、いくつか話題のレストランがあります。どれも球場からだと徒歩10分の範囲内となりますので多少時間の余裕を持っておくと良いでしょう。

Wayne Gretzky’s Toronto(http://gretzkys.com/)は典型的なスポーツバーですが、Khao San Road(http://www.khaosanroad.ca/)は最近のトロントのアジア料理のトレンド。バーガーもこの辺ならクラフトバーガーの The Burger’s Priest(https://www.theburgerspriest.com/)が有名です。