間もなく始まるトロント桜のシーズン

春の訪れが近づく4月のトロント。毎年の風物詩となった日本の桜の開花予想は4月中旬〜下旬と言われていますが、今年もほぼ例年通りのようです。

トロントの桜で一番有名なのは、ハイパーク公園。「桜が咲いた」という噂が流れると、実に大勢の人が押し寄せるように花見を楽しみにやってきます。一番の見所は、園内中央にあるスロープでしょう。

週末には入り口付近からトラムが出ますので、それに揺られて花見見物も人気です。

地下鉄ハイパーク駅下車徒歩5分で公園には到着します。

ハイパークの桜よりも先に咲くのが、トロント大学のロバーツ図書館前の桜並木。ここは若木の桜で規模はハイパークより小さいですが、ダウンタウンの中で散策にも適した大学構内という気軽さが人気です。

最寄駅はセントジョージ駅あるいはミュージアム駅。ロイヤルオンタリオ博物館隣の哲学の道を通り抜け、ハーボード通りを歩くと見えてきます。

その他にもトロント近郊では日本の桜を楽しめる場所があります。詳細はこちらをご覧ください