いくつ知ってた?カナダ・トロント観光で外せないCNタワーの驚くべき事実7つ

カナダ最大の都市トロントで人々に愛されているのが、トロントのシンボルともいえるCNタワーです。

地上からの高さは553.33mを誇るCNタワーは世界で最も高い自立式電波塔のひとつで、毎年200万人の観光客が訪れています。

今回はそんなCNタワーの驚きの事実を7つお届けします。全部知っている方がいたら、CNタワー博士かも!

1.建設に3年以上を費やして完成

1976年6月26日に初めて一般公開されたCNタワー。建設には延べ1,537人もの労働者が関わり、なんと40か月を費やして完成。さらに、建設費も現在の貨幣価値に換算すると約3億7000万ドルに相当するといわれています。

2.エレベーターは時速22km。1階から高さ346m地点までわずか58秒

View this post on Instagram

#cntowerelevator #goingup

A post shared by Jeff Moore (@donnisjmoore) on

1階から時速22kmで昇る高速ガラス張りエレベーターに乗れば、高さ346m地点にある最初の定番展望台「ルックアウト」まで58秒しかかかりません。

58秒の間に、移り変わる風景をしっかりと目に焼き付けてください。

3.レストラン「360」には世界で最も高いワインセラーがある

その名の通り、360度回転するレストラン「360」。351mの高さにあるワインセラーは「世界で最も高い場所にあるワインセラー」としてギネスに認定され、最大で9,000本ものワインを貯蔵することができます。

レストラン「360」ではカナダのトップブランドを含め、世界中からなんと500種類以上のワインを取り揃えていますよ。

4.ガラス張りの床はムースが35匹乗っても大丈夫

View this post on Instagram

#cntowerglassfloor

A post shared by Laura Marie (@laladreamsky) on

高さ352m地点の展望台グラスフロアでは、ガラス張りの床から地上を見下ろすことができます。

「割れちゃわないかな・・・」とスリル満点なのですが、1994年の6月に導入された2.5インチの厚いガラスパネルが使用されていて、実は35匹のヘラジカが乗っても割れないといわれています。
(※ヘラジカはシカ科最大種でオスは 380~700kgといわれる)

「高いところでも平気!」という方は、グラスフロアで寝転がって記念写真を撮る人も多いですよ。

5.メインの展望台ルックアウトはリノベーションが終わり、よりモダンな雰囲気に。ガラス張りの床も誕生

メインの展望台ルックアウトでは以前リノベーションが行われていましたが、無事に完了してよりモダンな雰囲気に生まれ変わりました。

Window Wallsと呼ばれる窓の壁からはさらに景色が見やすくなり、グラスフロアと同じようにガラス張りの床も設置され、よりスリルが味わえるようになりました。

6.スカイポッドからナイアガラの滝が見えるチャンスもある

View this post on Instagram

🌁

A post shared by Pia (@paia.eugene) on

トロント旅行に来たらあわせて行きたいのが、世界3代瀑布のひとつ「ナイアガラの滝」ですよね。

天気さえよければ、高さ447m地点にある最も高い展望台スカイポッド(別料金で入場可能)からナイアガラの滝やニューヨークも見えることもありますよ。

もちろんグレータートロントとオンタリオ湖も眺めることができるので、ぜひ地球上で最も高い展望台のひとつに足を運んでみてください。

7.最高のスリルを!356m地点で空中散歩体験「エッジウォーク」ができる

2011年に始まったエッジウォークは、356m地点の外を歩くことができる有料アクティビティ。

写真の通り転落を防ぐ壁がないので、命綱だけが頼りです。1.5m幅のふちを歩けば、日本の友達に自慢できること間違いなしです!

トロント観光で街を象徴するCNタワーはマスト。お得なパスを使ってみてください

最後になりますが、CNタワー観光を考えている方は、トロントシティパスをぜひ使ってみてください。

シティパスを使うと、CNタワーを含む有名観光地5カ所をお得に巡ることができますよ。以前トロント観光局のブログでも詳しく記事になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

CNタワーからぜひトロントの街並みを一望してみてくださいね。

(記事:Hiro)

CN Tower
営業時間(展望台):8:30am-11:00pm
場所:301 Front St W, Toronto, ON M5V 2T6
チケット:一般大人 $ 38 / シニア $ 34 / 子ども $ 28 (※スカイポッドは含まれていません)
Webサイト