インスタに残したい!トロントでしか見られない冬景色スポット7選

冬のトロントは、この時期だからこそ見られるロマンチックな風景がたくさん。
そこで今回は、ぜひインスタに残したいトロントの冬景色スポットをご紹介します。

1.ネイサン・フィリップス・スクエア
(Nathan Phillips Square)

トロントのダウンタウンのど真ん中に位置するトロント市庁舎前のネイサン・フィリップス・スクエアは、冬のこの時期はスケートリンクがオープンし、キラキラの光の中で多くの人がスケートを楽しんでいます。

ここには大きな「TORONTO」の看板や、カーブしたデザインが特徴的な現在の市庁舎のビル、そして1899年に建てられた旧市庁舎の建物があります。ぜひそれらを背景に入れてインスタにおさめたいスポットです。

2.ディスティラリー地区
(Distillery District)

すでに何度かこのブログでも取り上げていますが、トロントの冬の風物詩ともなっている、このディスティラリー地区のクリスマスマーケット。どこを写真に写しても、キラキラとロマンチック。インスタ映えする写真がたっぷり撮れますよ!

3.オンタリオ・プレイス
(Ontario Place)

オンタリオ・プレイスには、このスポットを象徴するキラキラ輝く球状の建物シネスフィア(Cinesphere)という映画館がありますが、冬の時期はイルミネーションのイベントも行われていて、一帯にロマンチックな世界が広がっています。特に今年はじめて開催されているオーロラ・ウィンターフェスティバルでは、北極の世界をイメージした光のアートで彩られているので必見。おとぎ話のようなワクワクするインスタ映え写真が撮れちゃいますよ!

オーロラ・ウィンターフェスティバルについては過去のブログ記事も参考に!

4.イートン・センター
(Eaton Centre)

ダウンタウンでもっとも賑やかな場所にあるショッピングモール、イートン・センター。毎年この季節、吹き抜けの屋内を飾るのが、巨大なクリスマスツリーと巨大なトナカイ達。トロントの人たちにとっても「この季節がやってきた!」と思わせる風物詩的な風景です。
誰もがついつい写真に撮ってしまうほどの迫力なので、こちらもぜひショッピングもかねて訪れてみてくださいね。

5.シュガー・ビーチ
(Suger Beach)

ピンクのパラソルと白いチェアーがかわいいシュガー・ビーチ。夏空の下では絶好のインスタ映えスポットとして人気ですが、実はこんな雪の降り積もる姿もまた印象的な風景になります。
その名のように、まるで粉砂糖を振り掛けたようなまっしろな雪の中に映えるピンクのパラソルは、どこにもないここだけの景色として写真におさめたくなりますよ。

6.グッダラム・ビルディング
(Gooderham Building)

トロントを代表する建物のひとつが、ダウンタウンにあるこの歴史建築グッダラム・ビルディング。カナダの国定史跡建築に指定されているこの建物は、その細長い先端をもつユニークな形状で有名で、いろんな写真やアートで使われるほど。
特に雪降る夜に凛と立つ姿は映画のワンシーンのよう。こちらもトロントらしい風景のひとつです。

7.ポルソン埠頭
(Polson Pier)

ダウンタウンの東にある波止場、ポルソン埠頭 (Polson Pier)。ここからはオンタリオ湖とダウンタウンのビル群の風景が一望できます。
オンタリオ湖に氷が張る真冬の景色は格別に美しく、その景色を撮るために地元のフォトグラファー達も集まるスポットです。

以上7つのスポットを今回ご紹介しましたが、他にも写真に撮りたくなる冬の景色がトロントにはたくさんあります。
ぜひ冬のトロントでの思い出を、写真やインスタに残してくださいね!

(記事:MAMI)