【日本では味わえないもの多数】寒い冬に行きたいトロントのラーメン屋5選

これからますます寒くなってくるトロント。
そんな寒い時期に体を芯から温める意味でも食べたいのが、日本人にとってソウルフードともいえる熱々のラーメンです。

写真:トロントでも人気の北海道発 ラーメン山頭火

トロントに来たことが無い方はご存知ないかもしれませんが、トロントではラーメンが大人気!
2018年8月には日本発の味噌ラーメン専門店「みそや」もオープンして、ますますラーメン熱が高まっています。

そこで今回は、ラーメン無しでは生きられない私がトロント生まれのラーメン屋5店舗をご紹介します。
日本では食べられないラーメンをトロントでぜひご賞味あれ。

 

1. 一心(Ramen Isshin)

ケンジントンマーケットの近く、College St. × Bathurst St.にあるラーメン屋さんが一心(いっしん)です。

豚骨胡麻塩、ガーリック醤油、担々麺、つけ麺など豊富なメニューがあるのですが、個人的に一心で推したいのは味噌ラーメン!

特に私のお気に入りは、お店で一番人気といわれる「秘伝の豚ミンチと大盛り野菜の一心味噌ラーメン」です。

初めて食べたときは、「秘伝の豚ミンチ」「大盛り野菜」というパワーワードに惹かれてオーダーしたのですが、これが大当たりでした。

野菜が本当にたっぷり入っているおかげか、普段ラーメンに対して感じてしまう「野菜が少ないし、あんまり体には良くないかも?」という罪悪感があまりありません。

スープは最初にピリッとした辛さを感じるのですが、その後に赤味噌の甘さが口いっぱいに広がります。
初めて食べた際は、野菜本来の甘みもあるのか、甘くて濃厚なスープに感動したことを覚えています。

また、チャーシューの他にそぼろ肉が入っているので、お肉好きな方には一石二鳥かもしれません。

太麺もしっかりコシがあり、私は一心に行く度に幸せな気分になります。旅行の際にぜひ訪ねてみてください。Assembly Chef’s Hallの中にも店舗がありますよ。

【Ramen Isshin 公式サイト】

 

2. 三草亭(Sansotei)

三草亭(さんそうてい)は2012年にトロントにオープンして以来、どんどん店舗数が増えている人気店。
幾度も研究を重ねて生まれたというとんこつラーメンは一回食べてみる価値があります。

写真は一番人気の「とんこつブラック」。写真から味を想像できますか?

個人的に三草亭のとんこつスープは濃厚なのにあっさりとした印象もあるので、「濃厚なラーメンは少し苦手かも」という女性の方にもオススメしたいです。

麺は細麺か太麺が選べるのですが、私は噛み応え十分の太麺でいただくのが好きです。とんこつブラックは味付け玉子が一玉分付いていて、絶妙な茹で加減でとろとろなんです。私は三草亭の味付け玉子の一ファンです。

ちなみに私はまだ食べたことがないのですが、担々麺、味噌、醤油、そしてトマトラーメンもあるので、とんこつだけでなく、家族みんなで色んな味に挑戦するのもいいですね。

【Sansotei 公式サイト】
 

3. 唐変木ラーメン(Touhenboku Ramen)

コラーゲンたっぷりの鶏ガラで作る白湯スープが人気のラーメン店といえば、唐変木(とうへんぼく)です。

オーナーは千葉にある「ラーメン学校」でラーメンづくりを学び卒業後に、トロントで開店。
自家製の麺に、毎日長時間煮込むという絶品の鶏ガラスープを味わうことができます。(化学調味料不使用!)

唐変木の特徴は、以下3種類のラーメンから自分好みに細かくカスタマイズできる点です。

・「白オリジナル」は原点の味
・「赤スパイシー」は秘伝のラー油使用の辛味のあるスープ
・「黒ガーリキー」は白オリジナルに自家製のガーリックソースをプラス

写真のものは「白オリジナル」「鶏ガラ」「塩」「細麺」「チキンチャーシュー」を選んだものです。

細麺でも十分にコシがあり、鶏ガラはあっさりしていて、全くしつこくない味です。

また、特筆したいのが、コラーゲンたっぷりなことがうかがえるスープ。
「ラーメンは大好き!だけど、美容にも気を使いたい」私としては、コラーゲンたっぷり感なところがまたそそるんです。

来るたびに色んなカスタマイズを試して、自分の一番のお気に入りを見つけるのも楽しいお店です。

【Touhenboku Ramen公式サイト】

 

4.ラーメン雷神(Ramen Raijin)

店内に雷神様がいるラーメン雷神は、24 Wellesley St W にあります。

臭みの無いトンコツスープと、じっくりと煮出したクリアな鶏ガラスープの2種類がベースのラーメンが楽しめます。

そんな雷神で私の一番のお気に入りは、魚介豚骨醤油ラーメン。醤油にみりんや昆布、魚介類などをブレンドした極上の濃厚スープがとってもクリーミー。

そんなスープにコシのある麺がからめば、もう最高です。
チャーシューも柔らかくて厚みがあって、もう食べるたびに満足感の嵐。

その他にも、上の写真の豚骨塩ラーメンや、東京醤油、濃厚辛みそ、ベジヌードルなんてチョイスもあります。感動を味わいに行ってみてください。

【Ramen Raijin公式サイト】

 

5.金とんラーメン(Kinton Ramen)

最後に紹介したいのは、2018年に日本(東京都世田谷区三軒茶屋)へ進出したトロント生まれの金とんラーメン

「日本では食べられない」という記事の趣旨から外れてしまうのですが、私的にやっぱりトロントで最も有名なラーメン屋さんの一つなので、ピックアップしてみました。店舗数も豊富です。

金とんも唐変木ラーメンと同じように、細かいカスタマイズができるのが魅力です。私はとんこつスープのオリジナルをよく頼みます。

スープは濃厚なのですが、個人的にかなり飲みやすいと思っているので、スープまで飲み干すのが定番。コシのある縮れ麺がよくスープに絡みます。

金とんでの私的一番の推しは、チャーシュー。味付けがしっかりしていて、焼き加減がまた最高なんです。金とんの大きくて肉厚のチャーシューを一度味わうと病みつきになります。

日本では東京の三軒茶屋にしか店舗がないので、東京以外にお住まいの方、ぜひトロントで金とんのラーメンを堪能してみてください。

【KINTON RAMEN 公式サイト】

 

最後に:トロントには他にもラーメン屋さんがたくさん

Ajisen Ramen

ということで、トロント生まれのラーメン屋さん5店舗を紹介しました。

トロントには他にも日本から進出している味千拉麺、北米に展開するラーメン陣家、ニューヨークでラーメンを流行らせたといっても過言ではないモモフク・ヌードル・バーなどの店舗もあります。

新しいラーメンの味を求めて、トロント旅行をするのも楽しいかもしれません。
ぜひ旅行の際は、1店舗といわず色んなラーメンに挑戦してみてくださいね。

【記事:Hiro】