トロントの夏を盛り上げる Redpath Waterfront Festival がハーバーフロントで6月開催

カナダ最大の都市トロントは、アメリカとカナダを結ぶ五大湖の一つ・オンタリオ湖と隣接しており、雄大な湖と近代的な都市が融合する場所。

そんなオンタリオ湖岸で、トロントの夏を盛大に楽しむ魅力満載の祭典 Redpath Waterfront Festival が今年も開催されます。

 

【夏の魅力が満載 Redpath Waterfront Festival】

photo from Redpath Waterfront Festival Toronto

トロントのダウンタウンに位置するユニオン駅。そこから徒歩10分ほどの場所にあるハーバーフロントというエリアを中心に、6月22日(金)から24日(日)に行われる Redpath Waterfront Festival 。

音楽・屋台、エンターテイメントなどの屋外のイベントが盛りだくさんで、2017年はなんと75万人以上も観光客が来場したビッグなお祭りです。

photo from Redpath Waterfront Festival Toronto

特に昨年はカナダ建国150周年を記念して、世界最大級の巨大なラバーダックがウォーターフロントに出現。多くの来客を驚かせました。

今年は6.5フィート(約2メートル)にも及ぶ6つのビーチボールが織りなす巨大なペンデュラム(振り子)が目玉となっていて、「一体実物はどんなものなのか」と、フェスティバル前から期待が高まっています。

photo from Redpath Waterfront Festival Toronto

また、カナダ海軍(The Royal Canadian Navy)がハーバーフロントにやってくるのも恒例となっていて、カナダ海軍の将校たちと話ができる貴重な機会となっています。

さらに今年は、帆船「HMCSオリオール」がはるばるカナダ北東部に位置するノバスコシア州・ハリファックスからオンタリオ湖に初来航し一般に公開される予定なので、楽しみにしているトロントニアンも多いはずです。

Photo from Radpath Waterfront Festival

そして忘れてはいけないのが、お土産や食べ物。

フェスティバル期間中は Waterfront Artisan Market が開催され、地元の芸術家たちによるオリジナルのクラフトが購入できたり、様々な国の人が暮らしているトロントらしく、食欲そそる多国籍なフードベンダーがズラリと並びます。

Photo from Wine&Spirit Festival

さらに、ハーバーフロントのエリアにあるシュガー・ビーチという湖岸では、ワインやビール、発泡酒などを楽しむことができる Wine&Spirit Festival もフェスティバルの一環として開催されます。

オンタリオ州のワイナリーで作られたワインや、トロントの地元シェフが腕によりをかけた食事などをオンタリオ湖を臨むビーチでリラックスしながら楽しむことができるので、天気が良ければ最高の気分を味わえます。

Redpath Waterfront Festival、今年も盛り上がるのは間違いなさそうです。

 

【最後に:3日間だけの夏の祭典で想い出づくり】

photo from Redpath Waterfront Festival Toronto

ということで、今回紹介した以外にも今年は水中をテーマにカラフルで魅力的なパフォーマンスを行うアクア・サーカスが予定されていたりと、気になるイベントが満載のRedpath Waterfront Festival。

最後になりますが、ハーバーフロントからはトロントの素晴らしい風景も一緒に楽しめるので、まだ行ったことが無い方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

Redpath Waterfront Festivalで、最高の夏の想い出をつくってください。

Photo from Redpath Waterfront Festival

Redpath Waterfront Festival 2018
開催日:6月22日(金)~24日(日)
場所:公式サイトのマップを参照
【公式サイト】【Facebook】【Twitter】【Instagram】