【トロントからの日帰り旅Vol.1】汽笛と馬車の音が鳴り響く村セント・ジェイコブス

トロントの周辺には、レンタカーを借りて1時間〜2時間ドライブすると、カナダ東部らしい美しい風景や食べ物が楽しめるスポットがたくさん点在しています。そうした魅力あふれる場所をシリーズで紹介していきます。
まずは、トロントから車で1時間ちょっとのところにある、セント・ジェイコブスという村をご紹介します。

19世紀からの生活を受け継ぐメノナイトの村

Photo: St.Jacobs Country

トロントの西にあるウォータールー地方は、カナダ東部らしい起伏のないなだらかな平地に広大な畑や森が広がるエリア。こののどかな場所にある小さな村がセント・ジェイコブスです。この村には、メノナイトと呼ばれる自給自足の質素な生活を送る人々が暮らしています。

Photo: St.Jacobs Country

メノナイトとは、16世紀のスイスに起源を持ち、世界中に150万人ほどいるキリスト教の再洗礼派(アナパブテスト)の流れを汲む一派。19世紀から変わらない服装で、今でも電気や自動車を使わずに、非暴力と平和を主義に、聖書の教えに沿った生活をしています。
この地域にはメノナイトの一種であるアーミッシュと呼ばれる人々も暮らしていて、服装や厳格さにその違いが現れます。

Photo: John Quin / St.Jacobs Country

そうしたメノナイトの人々が暮らすセント・ジェイコブスでは、パカパカと軽快な足音を鳴らして車道を行く小さな黒い馬車や、馬を使って畑をたがやす風景など、まるでタイムスリップしたような風景と出会うことができます。

50年近く続く広大なファーマーズマーケット

Photo: Mami from Tourism Toronto

セント・ジェイコブスで最も有名なのが、300以上のベンダーが集まる広大な規模のファーマーズマーケット。年間を通して開催されていて、ここでしか手に入らない品々を求めてトロントからも多くの人がやってきます。

Photo: St.Jacobs Country

1975年から始まったこのマーケットは、もともとメノナイトの人々が手作りの品々を売るためにはじめた小さなものでした。今では地元の農家による新鮮な食材やアンティークの品々、手作りの生活用品や工芸品など、たくさんのお店が参加する大きなマーケットとなり、夏の週末は駐車場がなかなか見つからないほどの人気です。

Photo: Mami from Tourism Toronto

外のテントエリアも、建物の中も、食材はもちろん、お土産探しや食べ歩きが楽しめるお店がたくさん。

Photo: Mami from Tourism Toronto

特にここで売られるアップル・フリッターは有名で、週末には長い行列ができるほどの人気。
このマーケットを存分に楽しむには、午前中の早い時間に到着しておくのがおすすめです。

のんびりと楽しめるノスタルジックな蒸気機関車

Photo: Mami from Tourism Toronto

セント・ジェイコブスでもうひとつ有名なのが、地元のNPO団体が運営するノスタルジックな蒸気機関車。
ウォータールー、ファーマーズマーケット、セント・ジェイコブス・ビレッジ、エルミラの4ヶ所を行き来する観光のための機関車です。

Photo: Mami from Tourism Toronto

どこか懐かしい雰囲気の車内は赤い革張りのテーブル付きボックス席が並びます。

Photo: Mami from Tourism Toronto

各駅では車掌さんがアナウンスで説明をし、ボランティアのスタッフが切符を渡してくれます。
渡された切符には、その日の日付と乗った駅の部分に、改札鋏でパチンパチンと穴をあけてくれます。なんだか子ども心にかえったように、切符を切りに来てくれるのを待つのもワクワク。かわいい切符で、旅の記念にもなります。

Photo: Mami from Tourism Toronto

窓からは広大な牧草地や畑、そこで作業をする人々、点在する家々など、のどかな風景が見え、

Photo: Mami from Tourism Toronto

途中には、小さな川を渡る鉄橋や、機関車が通るのを待つ車から、手を降ってくれる人にも出会います。

Photo: Mami from Tourism Toronto

ガタンゴトンと音を立ててゆっくり進む機関車に揺られ、窓に流れる景色をのんびりと眺めている時間はとても心地がよく、贅沢なひとときです。

カフェやビール醸造所、歴史館が並ぶ中心部

蒸気機関車の駅のひとつセント・ジェイコブス・ビレッジ駅は、セント・ジェイコブスの中心部にあります。
ここではメノナイトの歴史や文化を学べる歴史館や、古いサイロや倉庫を利用したこだわりカフェや雑貨屋さん、

Photo: Mami from Tourism Toronto

趣のあるアンティークショップや、レストランやベーカリー、ブリュワリー(ビール醸造所)などが立ち並びます。

Photo: Mami from Tourism Toronto

数ブロックしかない小さな中心部ですが、こちらでもお土産探しや散策が楽しめますよ。


ノスタルジックな風景に出会えるセント・ジェイコブス。これからのシーズンには、紅葉の景色が楽しめたり、秋の食材も味わえたり、季節ごとの魅力を楽しめる場所でもあります。
ぜひ、トロントからの小旅行に出かけてみてくださいね。

【参考Webサイト】
セント・ジェイコブス・カントリー
セント・ジェイコブス・ファーマーズマーケット
ウォータールー・セントラル・レイル・ウェイ
カナダ観光局・カナダシアター「メノナイトの暮らす村〜セント・ジェイコブス〜」

【行き方】
トロント・ダウンタウンから401ハイウェイを西へ1時間強

(記事:Mami)