トロントのエスニックタウンで6月に開催されるTaste of Little Italyとは?

様々な人種が集う街、トロント。

モザイク都市とも言われるほど、エスニックタウン(同じ国の人々が集まって形成されたコミュニティーエリア)が数多くあることも、トロントの魅力の一つとも言えます。

そんなトロントで盛り上がりを見せるフェスティバルの一つが、リトル・イタリー(Little Italy)で行われるTaste of Little Italy

6月中旬に行われるこのフェスティバルを、今回はご紹介していきます。

 

【Taste of Little Italyとは?】

リトル・イタリー は、College Street沿いのGrace StreetとPalmerston Aveのエリア周辺、トロントにあるエスニックタウンの一つです。

ダウンタウンに近い場所に位置し、ストリートカーで行くことが出来ます。

リトル・イタリーは20世紀初期ごろ、イタリア人がトロントに初めて到着したときから始まったとされています。

彼らは最初、University AvenueとCollege Streetの間に位置する”The Ward”と呼ばれた地域に定住しました。

1920年代ごろになると、トロントに住む多くのイタリア人が、College – Clinton 地区に移住を開始。

さらに1950年代になると、この地区を中心に集まったイタリア人たちがパン屋、フルーツ・マーケット、カフェ、レストランなどのビジネスを始め、リトルイタリー(Little Italy)として発展していきました。

そして Taste of Little Italy とは、リトル・イタリーで開催されるフェスティバルのことを指します。2018年の開催期間は6月15日(金)〜17日(日)です。

Taste of Little Italyが行われる3日間は、フェスティバルに訪れる人々のために、Bathurst StreetからShaw Streetの東西の区間が閉鎖され、歩行者天国となります。

Photo from Little Italy BIA

毎年数千人もの来場者で賑わいを見せるフェスティバルでは、イタリアンレストランやパティオの他に屋台も開かれ、イタリアの伝統的なパスタやピザ、ジェラートなどを楽しむことができます。

その他にも、種類豊富なクラフトショップや、メインステージで行われるライブミュージックが訪れる人々を魅了します。

Photo from Little Italy BIA

今年は特に、FIFA World Cupのオープニング期間と重なることもあり、更なる盛り上がりが期待されています。

 

【Taste of Little Italyでイタリアを楽しもう】

Photo from Corso Italia

ちなみに、トロントにはコルソ・イタリア(Corso Italia)という、もう一つのイタリア街があります。

Landsdowne AveからDufferin Streetまでの St. Clair West Ave沿いのエリアのことで、老舗レストランが多くリトル・イタリーとはまた違う雰囲気があります。

今回ご紹介したTaste of Little Italyはこちらではありませんので、ご注意ください。

Great energy and a lot of fun at #TOLittleItaly Come and join us!!!

A post shared by Little Italy, Toronto (@tolittleitaly) on

モザイク都市トロントならではのエスニックタウンのフェスティバル、いかがでしょうか?

Taste of Little Italyについては公式サイトやSNSもありますので、ぜひそちらも合わせてご覧下さい。

【Taste of Little Italy】

  • 6月15日(金)6:30 p.m. 〜 1:00 a.m.
  • 6月16日(土)11:00 a.m. 〜 1:00 a.m.
  • 6月17日(日)11:00 a.m. 〜 10:00 p.m.

場所:Bathurst StreetからShaw Streetの区間

【公式ウエブサイト】【Facebook】【Twitter】【Instagram】