写真好きの方にオススメしたいトロントアイランドの写真スポット5ヶ所

Toronto Islands

トロントの南部、北米の五大湖の一つであるオンタリオ湖に浮かぶ島、トロントアイランド。

トロントアイランドの英語表記はToronto Islands。その名前からわかるように、セントラルアイランド(Centre Island)ハンランズ・ポイント(Hanlan’s Point)ワーズアイランド(Ward’s Island)などの合計15の島々で成り立っています。

全長約5kmという小さな島は、トロントで人気の観光地の一つ。特に夏の時期は各所でバーベキューができたり、ビーチで遊泳も可能なので、トロントニアンにも人気があります。

ご紹介したい場所はたくさんあるトロントアイランドですが、今回は写真好きな私が何度も足を運んでしまうお気に入りのスポットを5ヶ所、お伝えしたいと思います。

 

【①フェリー乗り場から降りてすぐのセントラルアイランド 】

最初の場所は、トロントアイランドの主要な3つの島の中で、一番人気のあるセントラルアイランド。

フェリーから降りて、トロントアイランドを廻るその前に見ていただきたいのは、トロントアイランドから見えるトロントの街。

Toronto Islands

オンタリオ湖を挟んで見ることが出来るトロントの街は、カナダ最大の都市と言われるだけあって高いビル群がたくさん。特に、トロントのシンボルであるCNタワーが見えるのもお気に入りの理由の一つです。

他にも、フェリーから見えるトロントアイランドも私の好きなポイントです。トロントにいながら、わずか10分ほどで自然が楽しめるのもトロントアイランドの魅力の一つだと実感します。

 

【②華やかに賑わう噴水広場】

次のポイントは、トロントアイランドの中央部に位置する噴水広場。

カナダの国旗に囲まれている噴水に近づくと、水しぶきを含んだ風が流れて来て、とても涼しく感じます。

また噴水広場から北へ進むとちょっとした庭園があり、綺麗に手入れされた花壇も楽しむことが出来ます。

さらに奥に行くと、また別の噴水広場があります。奥の噴水広場には水辺が3ヶ所設けられていて、最初の噴水とはまた違う開放感のある場所になっています。

 

【③オンタリオ湖の水平線が見える桟橋】

3ヶ所目は、トロントアイランドのビーチエリアの中にあります。

噴水広場から庭園を抜けてさらに南に進むと、人工の砂が敷かれた場所にたどり着きます。こちらのビーチでは、たくさんのトロントニアンがオンタリオ湖で遊泳を楽しんでいます。

そして私がぜひ足を運んでいただきたいと思うのは、その先。オンタリオ湖の水平線が見える桟橋です。

Toronto Islands

広い桟橋を歩いて行くと、雄大なオンタリオ湖の水平線に目を奪われます。トロントでオンタリオ湖の水平線はなかなか見る機会がないので、いつ来ても感動する場所です。

オンタリオ湖から流れてくる風はとても爽やかで、このスポットに来ると私はいつまでもオンタリオ湖を眺めていたくなります。他にも桟橋に建てられている看板にはニューヨークなどの方角が示しているので、アメリカ大陸がオンタリオ湖に面していることを実感することが出来るオススメのスポットです。

 

【④オンタリオ湖畔を歩くボードウォーク】

桟橋でオンタリオ湖の水平線を眺めるのももちろん楽しいですが、オンタリオ湖の景色を眺めながら散歩するのも、トロントアイランドに来た時の私の楽しみの一つ。

そこで4ヶ所目にご紹介したいのは、オンタリオ湖畔を歩けるスポットです。

Toronto Islands

桟橋からオンタリオ湖に沿って東へ歩くこと約5分、ワーズアイランドにあるボードウォーク (boardwalk) と呼ばれる木の板張りの遊歩道にたどり着くことが出来ます。

オンタリオ湖から吹いてくる風がとても心地よく、のんびりと散歩するのに最適です。私にとっては美しいオンタリオ湖の写真をたくさん撮ることができるお気に入りのスポットの一つです。

Toronto Islands

ワーズアイランドの端まで続く遊歩道の途中には、パティオがあるレストランもあります。オンタリオ湖を眺めながら、パティオで食事やお酒を楽しむことが出来ます。

 

【⑤トロントアイランドの最東部で見える絶景】

そして私が最後にオススメしたい写真スポットは、トロントアイランドの最東部にあたるワーズアイランドにあります。

Toronto Islands

ワーズアイランドから見えるトロントの街並みは、セントラルアイランドから見える景色とはまた少し違う風景が楽しめます。花々や木々とオンタリオ湖、そしてトロントの街並が調和しているこの絶景は、何度来ても感動します。

Toronto Islands

またもう一つ見ていただきたいポイントは、トロントアイランドに存在する居住区。ワーズアイランドには現在、約260戸・約650もの人々が生活しています。トロントの街中にあるものとは違う、カラフルで可愛らしい家屋を見ることができるのも、トロントアイランドならではです。

 

【オンタリオ湖に浮かぶ島、トロントアイランドを楽しもう】

今回ご紹介した以外にも、トロントアイランドの最西部にあたるハンランズ・ポイントにも魅力的なスポットはたくさんあります。

Toronto Islands

The Gibraltar Point Lighthouseという小さな灯台や、トロントの空港の一つ、ビリー・ビショップ・トロント・シティー空港(Billy Bishop Toronto City Airport)も、ハンランズ・ポイントにあります。

また家族で訪れる予定の旅行者の方々には、トロントアイランドの中にあるアミューズメント・パーク(Centreville Amusement Park)もオススメです。

トロントから約10分で行くことが出来る自然豊かな島、トロントアイランド。写真好きの方でなくても楽しめる魅力がたくさんあるので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

(記事:Chihiro)