オンタリオ美術館の新常設展!日本人現代アーティスト・草間彌生作品を観に行こう

2017年から2018年にかけて、世界が注目する日本人現代アーティスト草間彌生の特別巡回展「草間彌生: Infinity Mirrors」がトロントを含む北米の4都市の美術館で行われました。

Photo: Art Gallery of Ontario ( AGO) via Instagram

その際に展示されたシリーズ作品のひとつ「LET’S SURVIVE FOREVER」を、オンタリオ美術館がトロントの企業や一般市民からの寄付により、およそ1億600万円(約130万カナダ・ドル)で購入しました。
その作品が、先日2019年5月25日より常設展として一般公開されましたので、さっそく行ってきました!

Photo: Mami from Tourism Toronto

オンタリオ美術館(Art Gallery of Ontario・通称AGO)は地下鉄のセント・パトリック駅(St. Patrick)から歩いて5分の場所にあります。
オンタリオ美術館のこの建物は、トロント出身でアメリカを中心に活躍する世界的な建築家フランク・ゲーリーのデザインにより2008年にリニューアルされました。

25歳以下は、なんと入場料無料

Photo: Mami from Tourism Toronto

館内に入ってすぐにあるのが、フランク・ゲーリーらしい躍動感のある曲線美の入場通路。この奥にチケット売り場があります。
今回の草間彌生作品の一般公開と同時に、館内入場料も改定され、25歳以下はなんと無料で入場できるようになりました!学生さんや子供づれの家族には嬉しいですね。
26歳以上は$25で、草間彌生の作品も、この一般入場料だけで観覧できます。
ちなみに、もしトロントを度々訪れてこの美術館を観る機会があるならば、年間パス$35の方がお得でオススメですよ。

フランク・ゲーリーの螺旋階段は要チェック

Photo: Mami from Tourism Toronto

チケットを見せて内部に入ったすぐ目の先に見えるのは、ウォーカー・コート(Walker Court)と呼ばれる吹き抜けの空間。
この上空に突き出すように渦を描いているのが、フランク・ゲーリーらしいダイナミックさが見事な木製の螺旋階段です。

Photo: Mami from Tourism Toronto

2階の登り口から見ても、人工的なのにどこか自然の造形美を彷彿とさせる美しさ。こちら側からもぜひ観てみてくださいね。

草間弥生作品の閲覧には時間の予約が必要

Photo: Mami from Tourism Toronto

草間彌生作品「LET’S SURVIVE FOREVER」は、作品の特性上、人数の制限があるため、まずは1階のチケット売り場を通った先左にある専用の端末で、観覧の予約をします。

Photo: Mami from Tourism Toronto

端末には15分おきで、直近の観覧可能時間が画面の上に表示されていますので、それをタップします。
あとは、名前をローマ字で入れましょう。電話番号とメールアドレスの項目がありますが、入れなくても予約は完了できます。

2階のガレリア・イタリア(Galleria Italia)へ

Photo: Mami from Tourism Toronto

草間彌生作品は2階にあります。少しわかりにくいですが、ガレリア・イタリア(Galleria Italia)という空間を目指して向かいます。

Photo: Mami from Tourism Toronto

彫刻が並び、光差し込む通路がガレリア・イタリア。木の支柱とガラスに包まれたこの美しい空間も建築家フランク・ゲーリーによるものです。カフェがあるので、ここでゆっくりコーヒーも楽しめます。

Photo: Mami from Tourism Toronto

ガレリア・イタリアにあるカフェを通り抜けた先にあるのが、草間彌生作品「LET’S SURVIVE FOREVER」の入り口。予約した時間になったら、ここに立っているスタッフに、名前を伝えて作品への入場列に並びます。

いよいよ異空間の世界へ

Photo: Mami from Tourism Toronto

この作品は個室になっていて、2〜4名までしか入れません。スタッフに、同行者の人数をつたえましょう。1人の場合は他のグループと一緒に入ることになります。
作品を守るためにコートやバッグなどの荷物は持って入れません。前のグループが入っている間に、入り口手前の置き場に荷物はすべて置きます。
前のグループが出てきたら、スタッフに案内されて中に入ります。

Photo: Mami from Tourism Toronto

この空間に入ることが出来るのは、わずか1分のみ。
入った途端に広がるのは、圧倒される鏡と球体が作り出す無限の世界です。
草間彌生が70年もの間追求してきた「存在自体を消し去るあやふやな空間」の中で、まさに自分がどこにいるのか分からなくなるような、自分の存在が消えるような、不思議な体験ができます。
下の動画は、オンタリオ美術館が撮影した作品の内部の様子。実際に行くまで観たくない!という人は観ないでくださいね。

ショップには草間彌生の関連グッズも

Photo: Mami from Tourism Toronto

不思議な空間体験の後には、ぜひギャラリー・ショップへ。
ここには、草間彌生らしい水玉模様の関連グッズも販売していますよ。

Photo: Mami from Tourism Toronto

ショップ内には、トロントのお土産にぴったりなアイテムが他にもいろいろあるので、ここでのお土産選びもおすすめです。

Photo: Mami from Tourism Toronto

オンタリオ美術館は、毎週水曜日の午後6時〜9時が入場無料になりますので、旅の予算を抑えたい!という方は、その時間にあわせて訪れるのもいいですね。
日本が誇る現代アーティスト草間彌生の作品を観られる、貴重な場所のひとつなので、ぜひトロント滞在中に訪れてみてくださいね。

(記事:Mami)


オンタリオ美術館 (Art Gallery of Ontario)
住所:317 Dundas St W, Toronto, ON M5T 1G4
時間:月曜日休館日
営業時間詳細はこちらから。
AGO公式Webサイト草間彌生作品詳細ページ